白内障

白内障について

白内障は、眼球内にある水晶体という透明なレンズが濁ってくる病気です。

眼の構造図

水晶体は、カメラに例えると、中にあるレンズに相当します。直径9mm、厚さ4mmほどの凸レンズの形をしており、膜につつまれています。正常な状態での水晶体は透明で光を良く通しますが、さまざまな要因で水晶体の中のたんぱく質が変化し、濁ってくる症状が「白内障」です。水晶体が濁ると、光がうまく通過できなかったり、乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。
濁ってしまった水晶体を再び透明な状態に戻すことはできません。症状の進行を遅らせるために点眼治療を行うこともありますが、日常生活に支障が出ている場合は手術が必要です。

症状

見え方の写真
  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する、メガネが合わなくなる
  • 光をまぶしく感じる
  • 明るいと見やすくなるはずなのに、却って見にくくなる

白内障の原因

白内障になるもっとも大きな要因は加齢によるものです。60代で約70%、70代で約90%、80歳以上だとほぼ100%の人に白内障が認められます。
その他にも外傷性(強い衝撃を受けたり眼を怪我したり等)や放射性(放射線治療等によるもの)、薬物の使用(ステロイドやホルモン剤等)、糖尿病、アトピーなどが原因となることがあります。 まれに生まれつき水晶体に濁りのある先天性白内障もあります。

  • 正常な眼

    健康な眼

  • 白内障の眼

    白内障の眼

診察・治療

視力の検査・眼圧測定・眼底検査(点眼薬で瞳孔を開き、水晶体の状態を観察します)を行い、白内障であるかどうかの診断をいたします。仕事や日常に支障がない場合は手術を急ぐ必要はありません。運転時に見えづらい、テレビや新聞が読みづらいというような場合は手術での改善をおすすめいたします。

パンフレットを見る

遠方と近方の両方にピントの合う多焦点眼内レンズを用いた手術が可能です。

当院では日帰り手術が可能です。

診療時間

 
午前
午後

月~金 午前 8:30~12:00  午後 14:00~17:30
土  午前 8:30~13:00
※受付は12:00~14:00の間も行っております
※日曜・祝祭日は休診日となっております

アクセスマップ

ページのトップへ