多焦点眼内レンズ

患者様の生活スタイルや要望に合わせて眼内レンズを選択することが可能です
白内障手術の際に挿入する”眼内レンズ”は大きく分けて2種類あります。
手術後は水晶体の濁りがなくなるため、明るく、見やすくなりますが、レンズの種類により見え方に特徴があります。

多焦点眼内レンズの特徴

単焦点レンズ

遠くだけ、もしくは近くだけといった具合に1つの距離に焦点を合わせたレンズです。
運転するとき(遠方)と新聞を読むとき(近方)等のどちらか、あるいは両方に眼鏡が必要になります。

多焦点レンズ

短焦点レンズに比べ、遠くにも近くにも焦点が合って見えやすくなります。
細かい作業などは必要に応じて眼鏡を併用することで快適に行うことが出来ます。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの見え方の違い

  • 遠くから手元にピント

    単焦点眼内レンズ
    遠くにピントを合わせた場合

  • 遠くにピント

    多焦点眼内レンズ
    2焦点:遠くと手元にピント

  • 手元にピントを合わせた場合

    多焦点眼内レンズ
    3焦点:遠方、中間、手元にピントが合う

 

  多焦点眼内レンズ 単焦点眼内レンズ
長所 ・眼鏡に頼らず、遠方と近方が見える
・メガネが必要になった場合でも1本で済む
・目的に応じてメガネを用いることで鮮明に見ることができる
短所 ・見え方がやや不鮮明に感じることがある
・夜間にライトがにじんで見えることがある
・裸眼では遠方か近方のいずれかが見えにくくなる
・メガネが最低1つ、場合によっては2つ必要になる
適している方 ・見え方の質よりも、メガネに頼らないことを優先したい方
・仕事や趣味、スポーツ等で遠くも近くもメガネなしで見たい方
・手術前にメガネを用いた経験のない方
・メガネをかけても構わないので、より鮮明な視力を求める方
・細かいものを見ることが多い方、パソコン作業など、一定の
距離で見る仕事が多い方

多焦点眼内レンズの注意点

夜間にハロー・グレアを感じることがあります。
ハロー:光の周りに輪がかかって見える
グレア:光がギラつきまぶしく感じる
夜間に車の運転を行う方には適さない場合があります。

  • ハローグレアなし

    ハロー・グレアなし

  • ハローグレアあり

    ハロー・グレアあり

多焦点眼内レンズの種類

当院では豊富な経験を持つ院長樫本が、今までの臨床経験から沖縄県民に適した多焦点レンズ(すべて国の承認を得た安全なレンズです)を厳選しています。
その中から患者様の眼の形状、生活スタイルによって適切なレンズを選ぶことができますので、ぜひ専門医師にご相談ください。

※多焦点レンズを用いた白内障手術は2020年4月から”選定療養”という枠組みで行うことが出来るようになりました。
 これにより保険適用の白内障手術に追加費用(レンズ代)を追加することで多焦点眼内レンズの手術を受けることが出来ます。
※レンズごとに価格が違うため、相談の結果ご希望されるレンズによって追加の費用が変わります。


 

白内障と診断されたら

診療時間

 
午前
午後

月~金 午前 8:30~12:00  午後 14:00~17:30
土  午前 8:30~13:00
※受付は12:00~14:00の間も行っております
※日曜・祝祭日は休診日となっております

アクセスマップ

ページのトップへ