多焦点眼内レンズ

三愛眼科は先進医療認定を受けている眼科施設です。
白内障手術の際に挿入する眼内レンズには、大きく分けて2種類あります。
当院では患者様の生活スタイルや要望を伺い、『単焦点眼内レンズ』と『多焦点眼内レンズ』どちらが適しているのか相談し、選択していただいています。
※眼の状態によって多焦点眼内レンズを選択できない場合もあります。

多焦点眼内レンズの特徴

現在、白内障手術で主に使用されている眼内レンズは単焦点眼内レンズといい、遠くだけもしくは近くだけといった具合に1つの距離に焦点を合わせたレンズです。

当然、白内障手術後は水晶体の濁りがなくなるため、明るく、見やすくなりますが、1つの距離にしか焦点が合わないため、運転する時と新聞を読む時のどちらか(あるいは両方)に眼鏡が必要になります。
多焦点眼内レンズは、術後に眼鏡を使用する必要性を可能な限り抑制し、従来の単焦点眼内レンズに比べ、遠くにも、近くにも眼鏡なしで焦点が合いやすくなります。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの見え方の違い

眼内レンズには「単焦点」と「多焦点」があります。「単焦点」は遠方など一か所しかピントが合いません。「多焦点」は遠方と近方など、2か所にピントが合います。

  • 遠くにピントを合わせた場合

    単焦点眼内レンズ
    遠くにピントを合わせた場合

  • 手元にピントを合わせた場合

    単焦点眼内レンズ
    手元にピントを合わせた場合

  • 遠くと手元にピント

    多焦点眼内レンズ
    2焦点:遠くと手元にピント

  • 遠くから手元にピント

    多焦点眼内レンズ
    焦点延長:遠くから手元にピント

  • 遠くにピント

    単焦点眼内レンズ
    遠くにピントを合わせた場合

  • 手元にピントを合わせた場合

    単焦点眼内レンズ
    手元にピントを合わせた場合

  • 遠くと手元にピント

    多焦点眼内レンズ
    2焦点:遠くと手元にピント

  • 遠くから手元にピント

    多焦点眼内レンズ
    焦点延長:遠くから手元にピント

 

  多焦点眼内レンズ 単焦点眼内レンズ
長所 ・眼鏡に頼らず、遠方と近方が見える
・メガネが必要になった場合でも1本で済む
・目的に応じてメガネを用いることで鮮明に見ることができる
短所 ・見え方がやや不鮮明に感じることがある
・夜間にライトがにじんで見えることがある
・見え方の質よりも、メガネに頼らないことを優先したい方
・仕事や趣味、スポーツ等で遠くも近くもメガネなしで見たい方
・手術前にメガネを用いた経験のない方
適している方 ・裸眼では遠方か近方のいずれかが見えにくくなる
・メガネが最低1つ、場合によっては2つ必要になる
・メガネをかけても構わないので、より鮮明な視力を求める方
・細かいものを見ることが多い方、パソコン作業など、一定の
距離で見る仕事が多い方

多焦点眼内レンズの注意点

夜間にハロー・グレアを感じることがあります。(ハロー:光の周りに輪がかかって見える、グレア:光がギラつきまぶしく感じる)
夜間に車の運転を行う方には適さない場合があります。

  • ハローグレアなし

    ハロー・グレアなし

  • ハローグレアあり

    ハロー・グレアあり

三愛眼科は、厚生労働省の「先進医療実施施設」に認定されています。

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は厚生労働省の定める「先進医療」です。当院では、平成21年12月より『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』の先進医療実施施設として承認されています。先進医療の保障が付いた生命保険に加入されている方は、手術費用が給付される場合があります。

白内障と診断されたら

先進医療とは?

先進医療とは、新しい医療技術の出現・ニーズの多様化等に対応するために、健康保険の診療で認められている医療を超えた最新の技術として、厚生労働大臣から承認された高度な医療技術のことです。
先進医療を受けるには一般の保険診療を受けるなかで患者様が希望し、医師が必要と認めた場合となっています。
費用に関しては、保険診療との併用が認められています。手術費用等、詳細は当院職員にお問い合わせください。

診療時間

 
午前
午後

月~金 午前 8:30~12:00  午後 14:00~17:30
土  午前 8:30~13:00
※受付は12:00~14:00の間も行っております
※日曜・祝祭日は休診日となっております

アクセスマップ

ページのトップへ