眼瞼下垂 

眼瞼下垂症
このようなことでお困りではありませんか?
 
・最近目が開けづらくなっている
・眠いの?と指摘される
・肩こりや頭痛がひどい
・目が細くなり、目つきがきつくなってきた
・自分の写真を見て瞼がたるんでいる気がする
・何か見る時に指で瞼を開けている
・おでこのしわが増えた
・見えずらい、眼が疲れる、視野が狭くなってきたと感じる
・眼瞼下垂の手術をしたいが、眼科、美容外科、形成外科どこに行けば良いかわからない
・他院で手術を受けたが症状が改善しない
・手術を受けたいが不安がある

当てはまることがあれば、あなたは眼瞼下垂かもしれません。

三愛眼科では保険診療で専門医師が眼瞼下垂治療を行っています。
 
  1. 眼瞼下垂とは?
    上まぶたが下がっている状態で、下がる程度が強い場合は(まぶたが視野を隠して)視力障害の原因になります。原因は先天性や、まぶたを挙上させる神経の麻痺、まぶたを挙上させる筋肉の障害によるものなどがあります。治療には、原因となる病気の治療や下がっているまぶたをあげる手術を行います。


治療法は?
治療法は基本的に手術を行います。
両眼同時に手術を行い、手術方法によって異なりますが手術時間は40分-60分程度です。

料金は?
当院では保険診療で眼瞼下垂手術を行っています。

保険診療は手術の料金が全国、全施設一律に定められ、一般的に行われている挙筋前転法という手術では、3割負担では21600円、1割負担であれば7200円となります。

手術の内容によって料金は多少前後します。詳細は主治医やスタッフにお声かけください。

眼瞼下垂でお悩みの方は一度当院で経験豊富なドクターの診療を受けてみてはどうでしょうか?





 

診療時間

 
午前
午後

月~土 午前 8:30~12:00  午後 14:00~17:30
※受付は12:00~14:00の間も行っております
※日曜・祝祭日は休診日となっております

アクセスマップ

ページのトップへ