レーザー治療

レーザー治療について

 レーザー光線には光の波長によって熱擬固や切断、切除するなどの効果があります。
  現在、眼科では様々な病気(糖尿病や緑内障)の治療に対して、それぞれのレーザーの特徴をいかした治療を行っております。

主なレーザーの種類

マルチカラーレーザー・YAGレーザー・SLTレーザー

レーザー治療の種類
a 網膜光擬固術

 網膜の虚血部分へレーザー光線を照射し熱エネルギーで組織に擬固を起こし、瘢痕かさせる治療方法です。主にマルチカラーレーザーを用います。網膜剥離や糖尿病網膜症、黄斑部の疾患などの治療方法です。

b レーザー虹彩切開術

 マルチカラーレーザーやYAGレーザーを用いて虹彩に穴をあけ、房水の流れをよくする治療方法です。閉塞隅角緑内障に対して行われます。

c 偶角光凝固術
d 後発白内障切開術

 白内障手術後、眼内レンズを取り付けるために残しておいた水晶体の後嚢が濁ることで、再び目がかすむ症状がおこるのが後発白内障です。
※白内障病気の説明および手術の説明参照
  YAGレーザーを用いて後嚢を切開することで視力を回復します。

アクセス

アクセス

携帯からのアクセスはこちら

アクセス

カレンダー

カレンダー
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2018年11月

サイト内検索