硝子体

硝子体手術について

 硝子体とは眼球の中に入っている、ゼリー状の物質です。
  この硝子体が濁って、光が網膜に届かなくなったり、硝子体が原因で網膜に様々な異常をきたしたりした場合に、原因となる硝子体をとり除く手術が硝子体手術です。

◇適応となる疾患
・増殖糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜、硝子体出血 等

手術の方法

 角膜の上に、硝子体用のコンタクトレンズをのせて灌流用チューブを留置し、照明用の光ファイバーや硝子体カッターなどの器具を挿入、手術用の顕微鏡を覗きながら行います。
  硝子体を取り除き、人工の眼内灌流液で灌流しながら出血や増殖膜を切除、吸引し出血部位を電気擬固で止血することや、網膜裂孔の周りを光擬固で固定、網膜剥離を復位させるなどを行います。
  症例によっては、手術後の網膜を落ち着かせるためタンポナーデ物質として空気、ガスあるいは特殊なオイルなどを眼内に入れる場合があります。こういった場合には、術後に数日間〜数週間の間うつむきの姿勢とることが必要となる事があります。

手術の方法

術後の視力回復について

 硝子体手術は、眼球内のさまざまな組織を修復する手術です。手術後、視力がどの程度回復するかは、手術前の硝子体や網膜の状態によって大きな差があります。視力の回復のためにも、なるべく早い段階で手術を受けることが大切です。

当院の硝子体手術について

 当院での硝子体手術では術後一晩眼帯をして過ごし、翌日には眼帯を取ります。日帰り手術ですので、術後は自宅で療養できます。ただ、緊急の手術が必要な場合は他の病院を紹介させて頂くこともあります。

アクセス

アクセス

携帯からのアクセスはこちら

アクセス

カレンダー

カレンダー
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2018年11月

サイト内検索