糖尿病

糖尿病とは

 血液中のブドウ糖度(血糖値)が高い状態が続く病気で合併症が怖い病気です。
特に腎臓や神経、眼に現れる事が多く三大合併症と言われています。
糖尿病の合併症で視力を失う糖尿病網膜症は現代の失明の最も大きな原因になっています。

糖尿病網膜症とは

 眼の奥の方には物を見るために大変重要な役割りをもつ網膜という組織があり、細かい血管が全体に張りめぐらされています。血糖値が高い状態では血管に負担がかかり、血液の流れが悪くなり網膜の細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなる事が原因で起こります。
視力低下などの自覚症状がないまま進行し、症状が出現した時にはすでに重症になっている場合もあります。

単純網膜症

 高血糖により、網膜内の血流が悪くなり始めた最初の段階です。血管から血液が(点状・斑状出血) 漏れて出血したり血液中のタンパク質や脂質が網膜に沈着したりします。

単純網膜症
増殖前網膜症

 網膜症が進行すると、毛細血管が詰まって網膜の一部に血液が流れない虚血部分が生じ、血管閉塞や、静脈の異常、網膜浮腫などが起こります。

増殖前網膜症
増殖網膜症

 網膜から新生血管が、硝子体中に発生してきて眼の中に大きな出血(硝子体出血)が起こってきます。さらに進行すると増殖膜が網膜表面をおおい、網膜を引っ張って網膜剥離が発生し、急に視力低下などの自覚症状が出てきます。

増殖網膜症

糖尿病の検査

精密眼底検査
眼底をより詳しく観察するため、瞳孔を拡げる目薬をさして行う検査です。
蛍光眼底撮影
網膜の血管の異常を正確に把握するため造影剤を静脈注射した後、眼底写真を撮影する検査です。網膜の虚血部分の位置や血管の弱さなどがわかり、治療法の決定に役立ちます。

症状と治療

 軽い血管の変化や小出血などの初期の網膜症なら、血糖コントロールの改善と網膜循環改善薬などの内服治療で、進行を防げます。(2〜6ヶ月ごとに眼底検査を受けましょう)
網膜症がすすむと、網膜が腫れる網膜浮腫、硝子体出血などの症状を起こします。治療としては、レーザー光擬固術や硝子体手術を行います。

◇網膜症の発症率、進行度は一般的に年単位で進行します。自覚症状に乏しいため発見が遅れたりするので、手遅れにならないためにも網膜症がなくても眼科定期受診は必要です。

※レーザー治療後の眼底写真

アクセス

アクセス

携帯からのアクセスはこちら

アクセス

カレンダー

カレンダー
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2018年11月

サイト内検索