白内障

白内障とは

本来なら透明なレンズの役割をしている水晶体が濁ってくる病気です。水晶体とは、カメラの中にあるレンズに相当します。年をとるにしたがって、水晶体は少しずつ濁ってきます。

白内障とは

白内障の原因

白内障になるもっとも大きな要因は加齢によるものですが、その他にも外傷性(強い衝撃を受けたり眼を怪我したり等)や放射性(放射線治療等によるもの)、薬物の使用(ステロイドやホルモン剤等)、糖尿病、アトピーなどが原因と言われております。

白内障の症状

主なものとしては
1) かすんで見える
2) まぶしく感じる
3) 眼鏡が合わなくなる

白内障の症状

白内障の検査

視力の検査・眼圧測定・眼底検査(点眼薬で瞳孔を開き、水晶体の状態を観察します。)

白内障の治療

日常生活に支障がない程度であれば点眼薬を続けることにより、進行を遅らせると言われていますが、症状を改善する事はできません。根本的な治療は手術になります。

手術は入院の必要はなく日帰りで出来ます。

アクセス

アクセス

携帯からのアクセスはこちら

アクセス

カレンダー

カレンダー
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2018年11月

サイト内検索