眼科一般

1. 視機能障害

屈折異常

A 近視・・眼が無調整の状態の時、眼に入ってきた光が網膜の前方で焦点が合ってしまう状態です。遠くにある物がぼやけてしまいます。

B 遠視・・眼に入ってきた光が網膜に像を結ばず、網膜より後方にピントが合ってしまう状態です。

C 乱視・・眼に入ってきた光の縦軸及び横軸が網膜に対する前方後方問わず、1点に像を結ばない状態です。物がにじんで見えます。

近視・遠視・乱視・・

斜視

物を見ようとする時に片方の眼は正面を向いていても、もう片方の眼が違う方向を向いてしまっている状態です。

弱視

視機能の発達障害等が原因で眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても視力が出ない眼のことで、様々な原因が考えられます。

老視

加齢とともに調節機能が低下し、遠方と近方の両方にピントを合わせることができにくくなるものです。一般的に40歳を過ぎた頃から症状が現れ始めるといわれております。

2. 眼外部疾患 〜病気の説明外眼部参照〜

結膜炎

充血やメヤニ、かゆみなどの症状を起こします。

眼瞼炎

瞼の縁がただれて、かゆみや痛みなどの症状を起こします。

3. 内眼部疾患 〜病気の説明白内障・緑内障・糖尿病等参照〜

緑内障

何らかの原因で視神経が障害され、視野が狭くなる病気です。

白内障

眼のレンズにあたる水晶体が混濁し、視力が損なわれる病気です。

眼炎症

A ぶどう膜炎・・眼の痛み、眩しい、かすみ、充血、視力低下、飛蚊症などの症状があります。
B 術後眼内炎・・内眼部手術の合併症で生じます。激しい痛みや視力低下などが生じます。

硝子体混濁

出血以外の原因で硝子体が濁った状態。視力低下、飛蚊症の自覚症状があります。

4. 眼底疾患

1 <網膜症>
a. 糖尿病網膜症

糖尿病の三大合併症のひとつです。ひどくなると眼の奥の網膜に悪影響を与え失明することもあります。

網膜症 軽度
網膜症 重度
網膜症 重度
網膜症 重度
b. 高血圧眼底

高血圧、動脈硬化のために眼底の血管が硬くなったり、細くなったり等変化を起こします。

c. 高血圧網膜症

高血圧眼底が悪化した場合は網膜に出血や白斑等が発生したり、視神経乳頭の浮腫(腫れ)が起きたりします。

d. 中心性漿液性脈絡網膜症

網膜の中心、黄斑部に水がたまり(浮腫)物が小さく見えたり歪んで見えたりする病気です。

e. 網膜動脈閉塞症

網膜の動脈が詰まる病気です。

網膜動脈閉塞症
f. 網膜中心静脈閉塞症

網膜の中心にある静脈が詰まってしまい、網膜出血を起こす病気です。

網膜中心静脈閉塞症
g. 網膜静脈分枝閉塞症

網膜にある静脈が詰まってしまい、網膜出血を起こします。

網膜静脈分枝閉塞症
h. 網膜色素性症

網膜がしだいに変性し傷んでくる病気。初期には暗いところが見えにくくなる夜盲を訴えます。

2 <加齢黄斑変性>

物を見る中心である黄斑部の病気です。加齢に伴って進行します。代表的な症状としては視力の低下やモノが歪んで見えたりします。

加齢黄斑変性
3 <黄斑円孔>

視力が突然低下して、見ようとする中心部がぼやけて見える病気です黄斑部の中心に円い孔があいているので円孔と言います。

黄斑円孔
4 <網膜剥離>

網膜に生じた裂け目(網膜裂孔)から網膜が剥がれてしまう状態です。視野の欠損や視力の低下が生じます。

アクセス

アクセス

携帯からのアクセスはこちら

アクセス

カレンダー

カレンダー
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2018年11月

サイト内検索