検査機器

オートレフケラトメーター

 

 他覚的屈折検査
 近視・遠視・乱視の状態を測定します。
 角膜(黒目)のカーブの強さ(曲率半径)も測定します。


ノンコンタクトトノメーター

 

 眼圧(眼球の硬さ)を測定します。
 空気をあてて角膜のへこみ具合で眼圧を測定します。


視力表

   
  <字づまり>        <字ひとつ>

 視力の測定をします。
 裸眼視力・矯正視力を測定します。



ノンコンタクトスペキュラーマイクロスコープ(角膜内皮細胞撮影装置)

 

 角膜内皮細胞密度を測定します。
 角膜内皮細胞の数が少ないと角膜が透明を保てなくなります。

 ■角膜内皮細胞とは
   角膜の中の水分を外に出す働きをします。


IOLマスター(光干渉式眼軸長測定装置)

 

 眼軸長(角膜から網膜までの距離)及び角膜曲率半径を測定し、白内障手術に用いる
 眼内レンズの度数を調べる為に使用します。

 ■白内障とは≫


ゴールドマン視野計(動的量的視野計)

 

 視野(眼を動かさずに見ることができる範囲)全体の形・大きさを測定することができます。


ハンフリー自動視野計(静的量的視野計)

 

 主に中心視野(中心30度以内)を測定します。
 より精密に網膜の光を感じる程度を測定することができます。


レーザーフレアメーター

 

 前房内の蛋白質の濃度を測定し、炎症の程度を調べます。


ヘスチャートプロジェクター(複像ならびに眼筋マヒ検査器械)

 

 眼球運動障害の度合いを測定します。
 眼位異常・眼筋マヒの有無を調べます。


シラスOCTフォト(断層生体顕微鏡画像装置)

 

 網膜や眼球および付属器の撮影をし、眼疾患の診断や経過観察の補助として使用します。
 生体下における網膜、網膜神経線維層、黄斑部、視神経乳頭などの後眼部ならびに角膜
 などの前眼部の観察、断面図、三次元画像化および測定のため使用します。

 トピックスへ≫ 
 


眼底カメラ

 

 網膜・視神経乳頭・硝子体を撮影することができます。

 ■視神経乳頭とは
   網膜の神経線維が集まっているところをいいます。
 ■硝子体とは
   眼球の中に入っているゼリー状の物質です。

アクセス

アクセス

携帯からのアクセスはこちら

アクセス

カレンダー

カレンダー
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2018年11月

サイト内検索