高額療養費制度

■ 高額療養費制度とは
   高額療養費制度とは1ヶ月(1日〜末日)の医療費が一定の金額(自己負担限度額)を超えた場合、
   その超えた分が払い戻される制度です。

   患者様はいったん窓口で診療費を支払い、後日保険者より払い戻しを受け取ります。

   自己負担限度額は年齢や収入によって変わりますが下記を参考にしてみてください。
 

保険の種類
対象年齢
窓口
保険者・保険者
一般
70歳未満
市町村
市町村
前期高齢者
70歳〜74歳
(1日生まれの方:誕生月から それ以外:翌月から対象)
 
75歳以上(75歳の誕生日から対象)と65歳以上の寝たきりの方
広域連合
 
 
一般
70歳未満
会社・
社会保険事務所
全国健康保険協会
前期高齢者
70歳〜74歳
(1日生まれの方:誕生月から それ以外:翌月から対象)



■ 国保の場合

 限度額
 
一般(70歳未満)
前期高齢者(70歳〜74歳)
上位所得者
¥150,000
¥44,400
一般
¥80,100
¥12,000
低所得者
¥35,400
¥8,000

  1.対象者には診療を受けた月の、およそ2〜3ヶ月後にお住まいの
市町村役場から通知書が届きます。

 ↓

 2.通知書・領収書・保険証・通帳・印鑑を持って役所へ。
 ↓

 3.振り込み
     
10日までに手続きをすれば月末には振込まれます。

  注)市町村や金額によっては、2ヶ月ぐらいかかることもあります。
 
< 重要 >
 ・手続期限は2週間 (ただし2年間はさかのぼって払い戻し可能)

 ・払い戻しを受けた場合、確定申告の対象にはならない。
   (ただし高額療養の場合、合算できないものもあるが確定申告はそれがないので、
     すべて記入しておいた方がよい)

 
     後期高齢者の場合

    限度額
上位所得者
¥44,400
(3割)
一般
¥12,000
(1割)
低所得者
¥8,000
 
¥8,000
 

1.広域連合
  対象者には診療を受けた月の、
     およそ3〜4ヶ月後に広域連合からご本人に通知書が届きます。



2.ご本人
  通知書・領収書・保険証・通帳・印鑑を持って役所へ。



3.役所
  窓口代行



4.広域連合
  ご本人からの手続きが確認できたことを役所より報告を受けた後、ご本人へ振り込み

< 重要 >
 ・老人保健の時、高額療養の払戻しを受けたことのある人は、
  役所に口座番号が控えてあるので手続きは不要。
  振込日と金額が記載された支払決定通知が本人に届きます。


     社会保険の場合

 限度額
 
一般(70歳未満)
前期高齢者(70歳〜74歳)
上位所得者
¥150,000
¥44,400
一般
¥80,100
¥12,000
低所得者
¥35,400
¥8,000

1.本人への通知はありません。
  社会保険事務所か勤務している会社の担当者へ自己申告してください。


2.社会保険事務所
  通知書・領収書・保険証・通帳・印鑑を持って手続きへ。


3.手続き後3ヶ月以内に振り込まれます。

< 重要 >
 ・有効期限は2年

アクセス

アクセス

携帯からのアクセスはこちら

アクセス

カレンダー

カレンダー
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

2019年01月

サイト内検索